メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

和光市図書館 和光市図書館

ブックスタート

「ブックスタート」事業を行っています

ブックスタートとは?

「ブックスタート」はすべての赤ちゃんと保護者が本を通して楽しくあたたかい時間を持つきっかけ作りを応援する事業です。
イギリスのバーミンガムで1992年にはじめられたこの運動は、2000年の「子ども読書年」をきっかけに、日本でも試みがスタートしました。

和光市図書館では・・・

和光市図書館では、2013年(平成25年)9月から4ヶ月児健診の対象者に案内をお送りし、ブックスタート事業を行っています。
赤ちゃんへの語りかけの大切さをお伝えし、わらべうたや絵本の紹介をします。
最後にお一人お一人に絵本と図書館の利用案内やイベント等が入った封筒をお渡ししています。

4冊のうち1冊をお選びいただけます

  • 『いないいないばあ』文:松谷 みよ子、絵:瀬川 康男
  • 『がたん ごとん がたん ごとん』作:安西 水丸
  • 『くだもの』作:平山 和子
  • 『じゃあじゃあ びりびり』作:まつい のりこ

※4冊とも既にお持ちの方は、別の絵本を差し上げています。4冊とも既にお持ちの方は、ブックスタート事業に参加される際に担当者にその旨お伝えください。

実施予定日時

絵本で赤ちゃんとのふれあいを!
絵本は赤ちゃんとの楽しい時間をつくります。
ブックスタート実施予定日時は、別添チラシのとおりです。
事前にお申込みの上、赤ちゃんと一緒にお越しください。お待ちしております。
なお、本館・分館・子育て世代包括支援センターでそれぞれ実施日と時間が異なりますので、お申込みの際はご注意ください。

ブックスタート事業ロゴ

  • ブックスタート事業の様子1

  • ブックスタート事業の様子2

  • ブックスタート事業の様子3

  • ブックスタート事業の様子4