メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

和光市図書館 和光市図書館

9月25日(金曜日)【分館】第4回ひとハコ館長は『こてつ 子どものための哲学対話』さんです

第4回みんなのひとハコ図書館(2020年10月21日まで展示中)

第4回ひとハコ図書館の展示ひとハコ図書館長

こてつ 子どものための哲学対話
(子どものための哲学対話 on the web)

テーマ

「子どもと大人、いっしょにかんがえる!」

おすすめの1冊

「こどもと大人のてつがくじかん てつがくするとはどういうことか?(犬てつ叢書1 )」
ミナタニ アキ・安本 志帆[著] Landschaft

展示期間

2020年9月25日(金)から10月21日(水)まで

館長からのメッセージ

『こてつ 子どものための哲学対話』は、大人の秘密基地アルコイリスを拠点に「哲学対話」、「子ども暮らしの力塾」、「つづり方教室」などの子ども向けのイベント・ワークショップを開催しています。

子ども哲学対話では、答えのでない「問い(テーマ)」について、子どもたち自身が、それぞれの考えや意見を伝えあいながら、答えを探すタビにでます。

相手の言葉に耳を傾けたり、自分の考えや意見を話したり、じーっとだまって考えたり...いろんな人の意見に触れながら、ココロがふっと開かれていく、そんな自由な時間を過ごします。

今回は「子ども哲学をやっている人たち」や「子どもと大人が一緒に考えたこと」をテーマに選書しました。皆で一緒に考える入口になれれば嬉しいです。

展示内容

第4回「みんなのひとハコ図書館」展示内容(PDF:60.6KB)

 貸出中の本は予約することができます。

みんなのひとハコ図書館とは

「みんなのひとハコ図書館」について、詳細はこちらをご覧ください。