メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

和光市図書館 和光市図書館

【本館・分館】10/23(金)~11/25(水)読書月間イベント開催

テーマ:「Go To ブックトラベル」
~図書館まつりは中止になったけど、何もやらないなんて言ってない~

10月27日から11月9日は「読書週間」です。
今年度の図書館まつりは中止となりましたが、和光市図書館の本館・下新倉分館では、「読書週間」にちなんで、10月23日(金)から11月25日(水)までの間、『和光市図書館読書月間』として、様ざまな催しを企画しています。ぜひご参加ください。

2020年和光市図書館読書月間ポスター.pdf(PDF:805.9KB)

和光市図書館(本館)

大人が楽しむおはなし会

ろうそくと本図書館や市内保育園で、子どもたちのためにおはなし会を行っているボランティア団体「和光絵本とお話の会」の皆さんが、「大人が楽しむおはなし会」を開催します。
あわただしい日常をはなれて、絵本の読み語りや、素話(すばなし)など、ほっとする"おはなしの世界"を楽しみませんか?

  • 日時: 10月24日(土)14時~14時45分
  • 場所: 会議室
  • 対象: 大人
  • 定員: 10名
  • 申込: 10月17日(土)までに、図書館本館窓口、メール、電話で受付

「東京メトロ」展示コーナー

キッズルームを大きく使った展示コーナーを設けます。東京メトロのあのキャラクターも図書館に遊びに来てくれるかも!?

雑誌の付録引換券付き「お楽しみバッグ」

雑誌付録の引換券がついたお楽しみバッグをご用意します。ひとり1回限りです。なくなり次第終了!少しづつ出しますので、チェックしてみてくださいね。

ブックツリー

今年のブックツリーのテーマは「私のおすすめの1冊」です。皆さんがおすすめする本を教えてくださいね。

写真展示

毎年恒例の和光市古民家愛好会の方による写真展示です。事務室前で展示します。


下新倉分館

オマケ付き「おすすめ本X(エックス)」(対象:中学生・高校生・一般)

おすすめ本X(エックス)ヒントだけが書かれ、謎に包まれた「おすすめ本X」を、10月23日・10月30日・11月6日の各金曜日に、10冊ずつご用意します。

借りた人は、中に入っている「引換券」を後日、返却時にカウンターで渡してください。オマケがもらえます。

【注記】オマケの交換と「おすすめ本X」の貸出は、期間中1人1回限りです。

ブックビンゴ(対象:小学生/3~6歳向け)

児童用ブックビンゴ本を読んで、ブックビンゴにチャレンジしよう!9マスある小学生用ビンゴと、3マスの3~6歳向けビンゴをご用意しています。達成者は「わこガチャ」を1回まわせます。

【注記】ブックビンゴで「わこガチャ」がまわせるのは、期間中1人1回限りです。

ブックツリー「私が好きな本の紹介」

みなさんが好きな本は何ですか?ポップを書いて、廊下のツリーに貼って、シェアしませんか?


「読書週間」とは?

読書週間マーク2020終戦の2年後の1947年(昭和22年)、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているとき、「読書の力によって、平和な文化国家を創ろう」と決意をひとつに、出版社、取次会社、書店と公共図書館が力を合わせ、さらに新聞・放送のマスコミ機関の協力のもとに、第1回「読書週間」が開催されました。
 第1回の「読書週間」は11月17日から23日。これは11月16日から1週間にわたって開かれるアメリカの「チルドレンズ・ブック・ウィーク」にならったものです。各地で講演会・図書に関する展示会が開かれ、その反響は大きなものでした。「一週間では惜しい」との声を受け、現在の10月27日から11月9日(文化の日をはさんで2週間)となったのは、第2回からです。
 それから70年以上が過ぎ、「読書週間」は国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民」の国となりました。その一方、物質生活の豊かさに比べ精神生活の低迷が問題視されている昨今、論理的思考の基礎となる読書の重要性は、ますます高まってきています。
 本年の「読書週間」が、みなさん一人ひとりの読書への関心と、読書習慣の確立の契機となることを願ってやみません。