メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

和光市図書館 和光市図書館

2月27日(木曜日)【分館】3月のテーマ展示

「3.11を忘れない」(一般書)

東日本大震災、そして福島第一原子力発電所事故から、今年で9年が経ちます。
被災地は復興へ向かって大きく進んでいますが、今もなお深い爪痕が残っており、家族離れ離れで暮らす人も多くいます。
毎年のように各地で大きな地震が起きており、今ここで大きな地震が起こってもおかしくありません。私たちは、震災の教訓を活かして、どのようにしていけばいいのでしょうか?
これを機に、ぜひご家庭でもう一度考えてみて下さい。

下新倉分館3月の一般書テーマ展示 3.11を忘れない の展示風景

「3.11を忘れない」(児童書)

「3.11東日本大震災」を 知っていますか?
9年前の3月11日に、日本で 大きなしじんが ありました。この時のじしんで、大きなつなみがおきて、たくさんの人がなくなったり、家がながされて 住むところがなくなったり、学校がなくなったりしました。
その時におきた げんしりょくはつでんしょでのじこで、 かぞくや友だちと はなればなれになった人や 家にかえれなくなった人も たくさんいます。

毎日 かぞくやともだちと たのしくすごせるのは とてもしあわせなことです。

このじしんのことが わかる本を あつめたので、 ぜひ よんでみてください。 おかあさんや おとうさんにも その日のことを きいてみてください。 そして、 じしんがおきたときに どうすればいいか、 かぞくみんなで はなしあいましょう。

下新倉分館3月の児童書テーマ展示 3.11を忘れない の展示風景